ジルコニア

06-6957-6060
平日09~13時 / 16~19時(土曜は17時まで) 休診日:水・日・祝
診療予約無料カウンセリング予約無料メール相談

ジルコニア
  1. TOPページ
  2. 審美歯科
  3. ジルコニア

キャップジルコニアコーピング
▲セラミックを焼き付ける前のオールセラミッククラウンの内側
前歯と奥歯のコーピング部分(ジルコニア製)

ジルコニアオールセラミックスは、通常のオールセラミックスクラウンの内側にジルコニアを使用しものです。従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用範囲が大幅に広まりました。

ジルコニアは腐食にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われ、歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めています。

基礎知識

ダイヤ

歯科で使用されるジルコニア(ZrO2)はダイアモンド類似石として用いられるジルコン人造ダイアモンドと同じ元素で強さと美しさを持つ素材です。欧米では白い金属とも言われ、医療を初め、家庭用セラミック工業用素材など、さまざまな分野に幅広く使われています。

金属のような強さを持ち、腐食することがなく生体親和性の高い歯冠修復材料として、歯科医療でも日本国内においては2005年に認可がおり、ジルコニアでオールセラミッククラウンの内部を作ることができるようになりました。金属を使わないノンメタル治療として広く普及し始めてきています

ジルコニアの曲げ強度について

竹林

ジルコニアの特筆すべき点の一つが「曲げ強度」です。なぜ丈夫なのかはこの「曲げ強度」が高いからです。

例えるならば、竹の木です。竹の木は触ると硬いですが、一方で「しなやか」でかかる抵抗力を吸収します。ジルコニアもミクロの結晶単位で「かかる力を分散し吸収する」という竹の木と同じような作用を起こしているのです。

ジルコニアの特徴

千林地図

お問い合わせ・ご予約
平日09~13時 / 16~19時(土曜は17時まで)
休診日:水・日・祝
診療予約無料カウンセリング無料メール相談
「千林駅」徒歩1分
大阪府大阪市旭区千林1-11-3
診療時間
△土曜は17時まで

審美歯科

院長紹介
雑誌掲載
資料請求
クレジットカード
患者さんの声
歯科関係者の皆さまへ

ページの先頭へ

としもりサンフィッシュデンタルクリニック